日々コレ

日々コレ
日々気になることの雑記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL スポンサー広告 コメント : - トラックバック : -

浅尾美和の世界でのレベルはどうなの?

浅尾美和選手ががんばってますね。
ビーチバレーの五輪出場権は、国際大会などでの成績を元に
決められる世界ランキング上位に与えられている。
2007年初めの時点では浅尾美和・西堀組の世界ランクは
まだその水準に達していないようです・・・

浅尾美和
のブレイクで、観客による過度の撮影合戦が発生したことは
記憶に新しい・・・。
日本ビーチバレー連盟は2007年度から試合の
個人撮影を禁止したんですよね。浅尾美和ら選手の撮影が発覚した場合、
観客は記録画像をすべて破棄しなければならないという厳しいもの。
だがそれでも撮影を試みる観客は後を絶たず、
画像破棄を拒んだ観客が主催サイドから通報を受けた
警察に強制連行されるというトラブル!?も発生した。
しかしこれは、撮るほうが圧倒的に悪いわけでトラブルというのでしょうか・・・

スポンサーサイト
この記事のURL スポーツ コメント : - トラックバック : -

浅尾美和の盗撮はダメですよ!

浅尾美和選手の盗撮騒動・・・
純粋にスポーツを楽しむということからどんどん問題は
かけ離れているような・・・

スポーツニッポンの5月5日の報道によれば、
若い男性が複数の女子選手を撮影していた(無許可ですよね)。
大会関係者が見つけ画像の破棄を求めたが、この男性は強く拒んだ!
警察に連絡し男性は2人の警察官に「連行」されたという。
最終的には破棄に応じた模様。
また、この騒動はテレビでも報じられていた・・・。


日本ビーチバレー連盟によると、「連行事件」の
詳細な報告はまとまっていない。
浅尾美和選手らの写真画像を破棄しない男性の対応を巡り
警察を呼び、男性が警察官に付き添われ移動したことは把握しているとのこと。
報道機関などを除く一般の人の撮影を禁止したことは、
立て看板や張り紙などで知らせているから・・・ダメなものはダメだと・・・

この記事のURL スポーツ コメント : - トラックバック : -

浅尾美和の撮影禁止問題で男性連行される!

浅尾美和選手の撮影がNGになったのは皆さんご存知?
東京・お台場ビーチであったビーチバレーの国内ツアー
第2戦東京オープンで2007年5月4日に、浅尾美和らの
禁止された一般参加者の写真撮影を巡りトラブルがありました。


浅尾美和をめぐるセクシーショットなどを禁じたもので
一部の報道では、一般男性が警察に「連行」される騒ぎに!
浅尾美和選手を中心とする女子ビーチバレーフィーバーぶりが
招いた今回の騒動・・・どこまで禁止が通じるのか疑問もあるようです。


  ツアーを主催する日本ビーチバレー連盟は、
今季から一般客の写真撮影を禁じました。
浅尾美和選手の写真がネット上や雑誌などへ無断掲載されるのを防止、
肖像権を守ることが主な目的といっているようです。
浅尾美和選手の人気加熱ぶりに警備員を昨年の2倍の約50人に増員していた・・・

この記事のURL スポーツ コメント : - トラックバック : -

松井秀喜徹底マークも破る!

松井秀喜の好調が、やはり敵軍の猛マークを呼びそうです。昨年のア・リーグ覇者タイガースが、ヤンキース松井秀喜外野手(32)を徹底マークしている。本塁打を放った前日5日のタ軍戦では、敵将リーランド監督が「彼は過小評価されている」と警戒を強めたが、この日のインディアンス戦にもスカウトのタナー氏を派遣した。松井秀喜徹底分析を行った様子。
松井秀喜対策の具体案は明かさなかったが「ウチは先発、中継ぎ、抑えが確立されている。強いよ」と松井秀喜封じに自信も見せていた。
 松井秀喜はこの日も3打数2安打と好調。初回に投手強襲安打、6回には元ロッテ、巨人のシコースキーから簡単に右前打を放つ活躍。電光掲示板では第2打席まで「HIDEKO MATSUI」と女性名で表示されるといった名前の間違いにも、試合後は「秀子? わざとだったら面白いね」と爆笑したとか、さすが松井秀喜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070308-00000011-nks-base
この記事のURL スポーツ コメント : - トラックバック : -

グラジエーター(プロレスラー)が急死

グラジエーターが急死した。
プロレスラーのザ・グラジエーターが自宅で首吊り自殺!?

内臓疾患を患い療養中だったグラジエーター
FMWを支えた大型レスラー。
全日時代には小橋と印象深い試合を見せてくれた。
内臓疾患とは・・・
プロレスラーの宿命でしょうか。
大きな体を作るのはとても苦労がいること。
内臓や頭も常に痛めつけるような試合。
命がけのビジネス。
プロレスが好きなだけに、
プロレスラーの体がときどき心配になる管理人です。
(リンク:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070221-00000014-spn-spo

お気に入りに追加

最近の記事
カテゴリー
お役立ち情報
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。